お母さんって

最近、ベイビー(お腹の子)がたまーに動く時がある。

毎日話しかけてたから、とてつもなく嬉しかった。

でも、それと同時に不安もあった。この子がもし、もし急に居なくなってしまったら…。

考えたくもないんだけれど、無意識に思ってしまう。

母になるって色々大変。

でも、この子の声を顔を見たいから、この子と幸せになりたいから、頑張れてるような気がする。

3大幸福

明けましておめでとうございました← 今年はいい事ありすぎの年になりそうです。 え?何故かって? まず1つ目、私結婚します! 2つ目、妊娠しています!ママになるのです! 3つ目、念願の県外で暮らす事になりました! はい!これです!← いやぁ、嬉しいばかりです。ニヤニヤが止まりません← 今の彼も、妊娠してる事にすごく喜んでくれて、私なんかよりも、準備にはりきっててw 旦那と子供と、いきなり幸せな家庭を持つことになって、そりゃ不安もありますが、そんな事より、今の幸せがたまらなく嬉しいです。 まぁ、暇な時またブログ更新しようと思います! 幸せオーラ全開で頑張っていきます!

知らないトコロで

最近テレビで、子供にやっちゃいけないことを紹介してて、「感情任せの暴言」と出てきました。

確かに、友達に言われるよりも親に言われる暴言の方が結構傷つきますね。

小学生の頃、姉に喧嘩を売られお母さんの目の前で喧嘩をしてたら「ごめんね、産んじゃって(私を)居なかったら喧嘩にならなかったよね」
って、言われたことを未だに覚えています。
その時はショックすぎてなのか、お母さんが何を言っているのか理解出来ませんでしたw

でも、疲れが溜まりすぎるとその時の事が夢に出てくるのです。必ず。

自分も気づかないところで、傷を負っていたんだなぁと、思いました( ̄ー ̄)

最初で最後

2017.10.21

この日に私は人生で初めてのプロポーズをしてきました。
彼氏は照れながらも、よろしくお願いします(^-^)と応えてくれました( ´∀`)

断られるってどっかでは思っていたからか、嬉しくて涙が溢れてきましたw

これからどんなことが起こるか分かりませんが、支え合いながら、生きていきたいと強く思いました。

来月には両親に挨拶をしに来るので心臓バクバク←
でも、ちゃんと結婚をするということを二人で伝えよう思います。

さて、仕事頑張らんと(* ̄ー ̄)

恐怖と混乱で渦巻く

今日の朝、6時前かな。北朝鮮がミサイルを発射しましたと、Jアラートの音で目が覚めました。

ニュースで見て覚えていた。ミサイルは約4分で到着する...。
家には地下もない、頑丈な家じゃない、ガラス窓に囲まれている私。

素早く彼氏にメールを送り、どうか通り過ぎてくれ、そして北朝鮮呪う←
としばらく布団の中に潜って祈っていた。

運よく通過して海に落ちたみたい。怒りと共に恐怖も襲ってきた。
迷惑をかけた北朝鮮慰謝料払えとも思う一方、いつまたミサイルが来るか分からない、次は本当に当たるのか...?頭ん中はグチャグチャだ。

そんな事を考えてても日常は平気に始まり、また普通の1日が始まる。
そんな私たちも、ある意味恐ろしいw

命はいつでも狙われている。
くだらなく恐怖に満ちた日常は、終わりを告げるときが来るのだろうか...?

何かが起こる夏

「夏の日の思い出」というお題を見つけてピンッときました!

思い出は、14日、妹の誕生日の日仕事だったのですが、その日の帰りに事故ったことです!←

あまり詳しくは書けませんが(^^;
調度、お盆休みだったんですよね、世の中は。車屋さんも休みで、もう病院も閉まる時間に起きてしまって(^^;

とても反省しました。両親や妹には申し訳無いことをしてしまったと、もちろん、相手の方にも。
私の乗っていた車で、姉も事故を起こしたことがあるのです。私と同じ歳の時、同じ時期に、同じ時間に...。ちょっとゾッとしましたw
気のせいなんですけど、もしかして何か良からぬモノに呼ばれていたのか...!!みたいな事も考えたりw←

辺りどころが悪かったら、確実に私はこの世に存在していないでしょう。昨日は、確実に死にそうになりました。
出掛けた先で信号待ちをしていたら、後ろからきた車がドンドン加速してきて、私怖くて前の車ギリギリまで詰めて、「このまま前と後ろに挟まれて、死ぬのか」何てまで思ったら、ほんっとギリギリで車が止まったんですよwよく見たらすんごいお爺ちゃんな人が運転していました(^^;

2度も死にかけるというねw危ない目にとても合うけど、ギリギリで何かに守られている、生かされているって、この夏思いました。

他にも夏に起こったことは沢山あるのですが、今回はここまででw
これを読まれた方も、事故には気を付けてください。
では、ここまで読んでいただきありがとうございました!

誰も知らない

今週のお題「ちょっとコワい話」
と、いうことで、実際職場で体験した奇妙なお話。

その日の朝、出勤してから私は個人で仕事をしていました。パートさんとリーダーは盛り付けの仕事を。

いつも、ご飯の釜を片付けに来るおじちゃんが来ず、調理場のおばさんが釜を台車に乗せて入ってきました。
「おはようございます」と、皆で挨拶をしたのですが、無言で目も合わせず洗い場に行ってしまいました。
「機嫌でも悪かったのかや?」そんな話をしながら仕事を進め、ふと気づいたのです。
おばさんが帰ってこない。

「裏から出たのかな?」など色々話をしてたらいつものおじちゃんが釜を片付けに来ました。リーダーが
「おはよう!Tさん釜片付けに来たよ」
K「え!今日Tさん休みだよ?」

その場が一気に静まり返りました。
洗い場のおばちゃんにリーダーが「Tさんさっき来たよね!」
「え?来てないよ?釜置いてあるけど、Kさんじゃないの?」
K「俺今日初めてこっちに来たよ」

私が、きっと誰かと見間違えたんですよ、私たち!と言って、皆で落ち着こうと何度も言い聞かせました。

結局、職場の人たち誰も釜に触れてなくて、Tさんも出勤していない。
でも、全員見たTさん。
じゃあ、あれがTさんじゃなければ...誰なのでしょう。


私は霊感など全く無いのですが、そんな奇妙な体験が何度も...w
不思議なことって、起きるもんなんですねw